OFF

パシフィコ・エナジー細江発電所

宮崎県 宮崎市

宮崎市内から西へ約5km、ゴルフ場建設予定地だった平坦な盆地に作られた細江発電所。九州という土地柄、積雪なども少なく、年間を通して安定した発電量を維持しています。パシフィコ・エナジーが保有する発電所の中でも生息する動植物数が多く、バラエティ豊かな生き物たちが暮らすソーラーファームです。

残置森林エリア
残置森林エリア

太陽光パネルをぐるりと囲むように広がる残置森林エリア。とりわけ生息している植物・昆虫類の数は多く、多様性豊かな生態系が広がっています。

  • ニホンアナグマ

    ニホンアナグマ

  • 重要種
    アカショウビン

    アカショウビン

  • テン

    テン

  • 重要種
    ニホンヒキガエル

    ニホンヒキガエル

パネルエリア
パネルエリア

太陽光パネル設置エリア周辺では、小型の哺乳類の姿をよく見かけます。除草剤を使用していないため、自生する植物の数も豊富です。

  • ノウサギ

    ノウサギ

  • 重要種
    カヤネズミ

    カヤネズミ

  • 重要種
    サシバ

    サシバ

  • 重要種
    ヒメアカネ

    ヒメアカネ

調整池エリア
調整池エリア

発電所内には2つの調整池があり、特に第2調整池では28種もの生物が確認されています。

  • 重要種
    ミサゴ

    ミサゴ

  • スジエビ

    スジエビ

  • 重要種
    ミナミメダカ

    ミナミメダカ

  • 重要種
    アカハライモリ

    アカハライモリ

発電規模

27919世帯

1年分の電気

※発電所ごとの発電規模は一世帯の年間平均電力消費量を
4322kWhとして計算した場合の数値