OFF
LOADING

パシフィコ・エナジー

ソーラーファームの動植物園

パシフィコ・エナジーの太陽光発電所は、農薬を一切使わず、地域の自然と共生する環境配慮型の発電所を
目指しています。豊かな木々や草花、多様な動物たちが集まるそこは、いわば「ソーラーファーム」。

私たちは、ソーラーファームにおける動植物の生息状況や生態系の調査を定期的に実施し、
今後の環境保全に役立てています。ここでは各地のソーラーファームに息づく動植物たちの様子をお届けします。

古川発電所

宮城県 大崎市

奥羽山脈の豊かな自然が広がるソーラーファーム。残置森林を闊歩する大型の哺乳類や、パネル付近に営巣する可愛らしい鳥たちなど、多様な動植物が暮らす豊かな生態系が広がっています。

見つけられる希少動物
  • カモシカ

    カモシカ

  • ノスリ

    ノスリ

発電規模

13509世帯

1年分の電気

のぞいてみる

細江発電所

宮崎県 宮崎市

九州という土地柄、積雪なども少なく、年間を通して安定した発電量を誇るソーラーファーム。パシフィコ・エナジーが保有する発電所の中でも、生息する動植物数が多く、バラエティ豊かな生き物たちが暮らすファームです。

見つけられる希少動物
  • カヤネズミ

    カヤネズミ

  • アカショウビン

    アカショウビン

発電規模

27919世帯

1年分の電気

のぞいてみる

美並発電所

岐阜県 郡上市

標高400〜600mの高所に位置するソーラーファーム。日本百名山に数えられる御嶽山や恵那山に囲まれ、四季折々の豊かな自然を見せてくれるこのファームでは、さまざまな珍しい動植物の姿も見られます。

見つけられる希少動物
  • アカハラ<br>イモリ

    アカハラ
    イモリ

  • カナヘビ

    カナヘビ

発電規模

13533世帯

1年分の電気

のぞいてみる

※発電所ごとの発電規模は一世帯の年間平均電力消費量を
4322kWhとして計算した場合の数値

noteではソーラーファームで暮らす
動植物たちをより詳しく解説する
「図鑑」コンテンツをはじめ、バラエティ豊かな記事を発信しています。